6カ国協議の早期再開は困難 岡田外相が指摘(産経新聞)

 岡田克也外相は7日の記者会見で、北朝鮮の金正日総書記が中朝首脳会談で6カ国協議復帰に前向きな考えを示したことについて「(北朝鮮の関与が指摘される)韓国哨戒艦沈没の問題が明確にならないと前に進める状況ではない」と指摘した。さらに、韓国政府が月内に発表する調査結果について「結果いかんでは6カ国協議どころではない」とも述べた。

【関連記事】
哨戒艦沈没 韓国が米国に調査結果説明へ
魚雷爆発が結論 哨戒艦沈没で合同調査団 韓国メディア報道
中国、首脳会談を報道 「世代交代しても中朝関係は不変」と金総書記
米、徳之島に「NO!」 首相オソマツ軍事知識に周囲驚愕
北朝鮮対応で韓国との連携を再確認 日米高官
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

和平交渉再開を歓迎=イスラエル外相と会談−鳩山首相(時事通信)
小学生女児を暴行容疑=45歳無職男を逮捕−福岡県警(時事通信)
大麻所持のアーティスト・竹前被告に懲役8月(読売新聞)
改正臓器移植法のガイドライン案を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
普天間、首相迷走に苦言=「重さ自覚を」−渡部氏(時事通信)
[PR]
by y0leecqqs4 | 2010-05-13 14:05
←menu