<広島市長>オバマ大統領の訪問の意思、確認できてうれしい(毎日新聞)

 2020年までの核兵器廃絶を訴えるため米国などを訪問した秋葉忠利広島市長は26日、同市役所で帰国会見をした。オバマ米大統領と対面したことについて「(オバマ大統領の)広島に行きたいという、より踏み込んだ意思表示を確認できてうれしかった」と話した。また、同市はこの日、全米市長会議のホームページに掲載された、オバマ大統領と秋葉市長が握手する写真を紹介した。

 秋葉市長は全米市長会議にゲストとして出席し、21日(現地時間)にホワイトハウスでオバマ大統領と対面した。「(広島訪問へは)祝福される環境を作りたい」と声を掛けたという秋葉市長は、「世界中にはいろんな考えの人がいるが、説得するのでなく、容認してくれるようにしたい。いくつかアイデアを動かしている」と話した。【矢追健介】

【関連ニュース】
広島市長:「核なき世界」は意志がつくる 米であいさつ
オバマ大統領:「広島に行きたいと思う」 秋葉市長と面会
オバマ米大統領:「広島行きたい」 訪米中の秋葉市長要請に
20年夏季五輪:被爆地五輪、長崎市が共催断念 広島市、単独でも推進 /広島

「スイッチ化の推進」などを今年の活動目標に―OTC医薬品協会(医療介護CBニュース)
降圧剤を誤投与、80歳代患者死亡…愛媛(読売新聞)
「息子の人生返せ」=遺族、被告に変わらぬ怒り−対話求める被害者も・秋葉原事件(時事通信)
美少女フィギュア万引き、前刑事課長に罰金30万(読売新聞)
閣僚のヤジ・不規則発言、首相と官房長官が注意(読売新聞)
[PR]
by y0leecqqs4 | 2010-01-31 18:20
←menu